· 

英語教室運営 生徒同士のトラブルに対応する


親御さんから、〇〇くん、〇〇ちゃんにやられたようです、いじめられたようです、ちょっとひどくないですかという連絡が入ったらどうしますか。


10年間英語教室を開いていて、直接こういうご相談を受けたことはなかったのですが、なぜかここのところ、数件似たような連絡が入りました。


たぶん、緊急事態宣言がずっと続き、親御さんも、お子さんも、緊張を強いられてきたのではないかと思います。


宣言解除になり、少しだけ解放された気分がいつもと違う行動につながっているのかもしれません。


今回感じた大事なこと2点。


自分やスタッフを過度に責めることをしない。

お客様の話をよく聞く。


ということです。


問題って、日々レッスンしていたら必ず起こってきますよね。それをどう乗り切るか、が大切です。


自分の気持ちが振り回されないように気をつける。

このことでやめる生徒さんがいても、別に大したことじゃない。


それくらい割り切ることができたら、対応にも余裕ができてきました。


子供は大人を見ている。

子供達に恥ずかしくない態度はどんなものか、を意識すれば、自然と対応は決まってきますね。




道は開ける