教室経営 サポーターという数字

【あなたは応援されていますか?】


今日は一日ゆっくりお休みして

しっかり体力快複できました。


月曜日は大好きです。

明日からまたいっぱい働きます!


さて

お教室経営に

大事な8つの数字を

見てきました。


今日は

いよいよ一番最後、

サポーターという数字についてです。


あなたを

応援してくれる人は

どのくらいいますか?


お客様、取引先、スタッフ、家族、、


きっと、

みなさん、

あなたのことを応援していますよね。


この中でも

特に重要なのは

スタッフです。


一緒に働いている仲間は

一緒にビジネスを成長させる

サポーターです。


どれくらい

自分がスタッフを

大切にしているか、

定期的に自己採点することを

おすすめします。


私は

開業当初から

誰かしらに

レッスンを手伝ってもらっていますが、

近い間柄だけに、

どうしても

不満が湧いてきてしまうんです。


だから

客観的に

ここは何点、

こっちは何点、

と分析してみましょう。


謝礼の金額

レッスンの質

トレーニング

事務的な仕事

など、


自分がどれくらい

相手に貢献しているかを

把握してください。


そして

どんな教室にしたいか

自分の理想を

共有しましょう。


お教室のスタッフは

あなたの分身と言っても

過言ではありません。


あなたの分身が

あなたとかけ離れた行動を

するのは

お客様が違和感を感じるのみならず、

ビジネスの成長させることができません。


あなたとスタッフが

共通の理想に向かって

努力していれば、

お客様も

安心してついてきてくださるに

決まっています。


さあ、税理士のひろみ先生から

学んだ8つの数字は

いかがでしたか。


1.報酬という数字 

2.売上という数字 

3.利益という数字 

4.資金という数字

5.計画という数字 

6.時間という数字 

7.結果という数字 

8.サポーターという数字


これを、上手に回すことが

ビジネスの成功のカギです。


感想や質問がありましたら、

メッセージをください。


「あなたのサポーターは誰かを把握していますか?」

お休みなので、元気になるクリニックへ❣️