· 

教室経営 8つの数字

【顧問税理士ひろみ先生オンラインセミナー】


今日は

本田健さんの

オンラインサロンで

zoomセミナーに

参加しました。


講師は

私の顧問税理士を

引き受けてくださっている

はらしまひろみ先生でした。


ひろみ先生は

いつも

仕事だけでなく

人生を豊かに生きるために、


「ロマン(想い)と算盤(数字)」が

大切だと


おっしゃっています。


私の

お教室についても

一緒に

経営理念を

考えてくださっています。


そこでも

いつも、


ちゃんと数字を

意識するように、と


アドバイスして

くださいます。


数字のない

理想は

絵に描いた餅でしかありません。


うまくバランスとりながら

安定して成長していくためには

どんな数字があるのか、必要か。


今日は

具体的に

お話ししてくださったので、

ポイントだけでも

シェアしたいと思います。


ライフワークで

安定して事業を

成長させていくためには

8つの数字(ポイント)が

あるそうです。


8つとは


1.報酬という数字 

2.売上という数字 

3.利益という数字 

4.資金という数字

5.計画という数字 

6.時間という数字 

7.結果という数字 

8.サポーターという数字


どれも

当たり前だけど

大事そうなのがわかりますよね。


私が

今日のお話で

感じたのは、

数字にも

ストーリーがあるんだな

ということです。


売上は

お客様がいなければ

立つわけもなく、


私たちが

毎日生きていくには、

何を買うためにも

報酬が必要。


先生の事務所には

社員やパートの

社内サポーターがいる。


などなどの

数字の後ろにあるストーリー。


実は

意識していないけど、

私たちは

毎日たくさんの数字によって

生かされています。


ひろみ先生が

起業して

仕事と家庭の両立をするために

実践してきたこと、


実際に

財務を担当されながら

感じてきたことから


先生なりに

数字を

具体的に読むことができるように

なったそうです。


私たちも

まず

苦手意識を

手放して、

数字を眺める

ことから

始めてみましょう。


「自分の教室の数字を語れますか?」



クラブハウスでは
一緒に遊んでくれる
見たこともない友人がたくさん。