· 

教室経営 やっぱり理想と理念が大事

【誰を喜ばせていますか?】


今日、

知り合いのお医者さまに

謝られました。


もっと早く

僕と

知り合っていたら

そこまで

アトピーで

悩まずに

済んだはず、、


と。

(私は3歳くらいから

かなり酷いアトピーでした)


彼は

病気で

悩んでいる人に

光を

与えることが

使命のようです。


ただ、ただ、

驚きました。


翻って

私自身は

どうでしょうか。


お客様に

光を

与えることが

できているか。


実は

ちょっとだけ

嬉しいことが

ありました。


今日から

正式入会してくれた

1年生の男の子。


3年間

インターナショナルスクールの

幼稚園に通い、


英語には

苦手意識しか

ない、、


という状態で

先日の

無料体験会に

参加したそうです。


私の教室のレッスンが

とても楽しかったらしく、


また行きたい

と、言ってくれたとのこと。


英語は嫌い、できない、

しか言わなかったお子さんが、

楽しい、行きたい、

と言ってくれて、


ご両親は

とても嬉しかったようです。


少しは

お役に立てていると思うと

嬉しいですよね。


ここで、

「理念」の話を

したいと思います。


今年になって

「教室の理念」

について

税理士さんと

まとめてきました。


「英会話は心が土台」


来てくれる生徒さんが

心を開いて

英語を話せることが

私の理想です。


スタッフで

話し合いをするときも


「どんな教室にしたいか」

を語り合いました。


「たのしく、笑いがたくさんある」

「しっかり身につく」

などが、出ていました。


今回、

新規の生徒さんが

ここには来たい

と言ってくれたのには、


私とスタッフが

「理想の教室」を

一緒に

思い描いているから

だと思います。


ことばにする、

って大事です。


ぜひ、理想について

語ってみましょう。


「あなたは、どんな教室を目指していますか?」






BTSの理念もすごそう!