· 

教室経営 広告費を分析する

【広告費をかけるのが怖い!】


すごく気持ちの良い

外のテラスで

ランチしています。


ランチは

ほぼいつも一人です。


一人で

大盛り、

とか頼んでいます。


お昼に

たくさん食べたいんです。


午後からの

レッスンのため

エナジーチャージ!

してます笑笑


さて、

522日の

体験会に参加した

生徒さんたちが

無事に

入会されました。


まだまだ

ここからなので、

緊張します。


いったん

かかった

広告費をみてみましょう。


チラシ代

10,00035,000

新聞折込広告費15,000

シルバー人材センター

ポスティング費用30,000

会場費用2,000

講師謝礼1,500


ざっと83,500円くらいですね。


高いと思いますか?


これで

4人が入会しました。


初年度年会費、

初回レッスン費

はサービスです。


私の教室のお月謝は

11,250円なので、


4人✖️11,250円=45,000円(毎月)


83,500円は

2ヶ月で回収できる

計算ですね。


これなら、

やった方がよくないですか?


私の教室の平均在籍年数は2年以上あるので、最低1年は継続すると考えたら


45,000✖️12ヶ月=540,000


54万円は

収益を

生むことができるはずです。


8万円引いて

46万円。


広告費はかけるべきなんです。


でも、怖いですよね。


今回は

生徒さんが入ったけど、

入らない可能性だってある。


広告費は

「投資」

と考えるようにしましょう。


単なる

「支出」

と考えると

払うのが

恐くなります。


「投資」と考えれば、


生徒さんが

来ても、

来なくても、


仕方ない、


と考えることができます。


ただ


「無くなってしまう出費」


と考えるのは

最低です。


一緒に集客がんばりましょう。


今月も

体験会やります。


「どこにあなたの広告費をかけますか?」





かっこよくて、感じのいい店員さん😆