· 

教室経営 チラシマーケティングの成約率

【チラシを撒いて、効果があるのか?】


さて、

ほぼ毎日チラシの話題です。


興味はありますか?


もし、

実店舗でお教室を

されているなら


チラシについて勉強したり、

導入を検討したり

するべきだと思います。


必ず効果がありますから。


ただし、

やり方を間違えなければ、ですが。


私の

今回のチラシ配布状況は

以下の通りです。


新聞折り込み

5000


ポスティング

(シルバー人材センター)

4000


ポスティング及びハンディング

1000


合計10000


問い合わせ

4


無料体験会参加

5


入会

4名(今のところ)


はっきり言って

今回は

好成績です。


では次に、


どうして

この枚数を配ったかを

説明しますね。


前回に配布した

体験会チラシは


2000枚撒いて、

2名入会しています。


つまり、

0.1%の成約率でした。


私は今回、


10名の新規入会があるといいな


と考えました。


だから、10000枚撒いたわけです。


10000✖️0.1%=10


ところが、

今回は

今のところ4名の入会なので、

0.04%の成約率ですね。


前の半分以下です。



チラシに問題があったのか、

撒き方に問題があったのか、

考える必要があります。


体験参加者のアンケートには、

ポスト投函チラシを見て、

のチェックはありましたが、


新聞折り込みに

チェックはありませんでした。


ということは

新聞折り込みから、

問い合わせが来る確率は

低そうです。


新聞折り込み分

5000枚を除いた


成約率は

0.08%ですから、

以前のデータと

ほぼ変わりません。


だいたいこれくらいの

効果があると

わかってきますね。


ただ、

新聞折り込みには、

広く知ってもらう、


「認知」


という役割がありますから、

大手塾やフランチャイズ英語教室は


けっこうな割合で

新聞折り込みを使います。


また、

私の地域は東京なので、

極端に

若い人の新聞購入率が

低いです。


地方だと

かなり状況が変わりますので、

よくリサーチして

配布先は選定してください。


今回は

たまたま参加者がありましたが、


これまで

参加者0

という時もかなりありました。


ですから、

まずは結果に期待するのではなく、

何事もテストだと

考えて行ってください。


参加者が入会しなくても、

落ち込むのはやめましょう。


そういう時もあります。


「あなたはチラシマーケティングに興味を持ちましたか?」




髪切りました。
毎月同じところで切っています🍀
おみくじは大吉じゃなかった😅