· 

教室経営 発信者のペルソナについて

【そもそも、なぜあなたじゃなきゃいけないか?】


今日は

新しい講師の先生、

まどかが初めて

レッスンに来てくれました。


最近、

新しい講師の先生が

スムーズに見つかります。


そろそろあなたは

レッスンに

張り付かなくていいですよ、

と天の声が

言っているのかもしれません。


なかなか

人に任せるのは難しく、

課題です。


でも、

お教室を大きくしたいなら、

人に任せることも必須です。


なぜ、

人に任せることが

怖くなってしまうのでしょうか。


昨日の話を思い出してください。


ターゲットのペルソナを

決めたら、

発信者のペルソナを

作る必要があります。


そのままのあなたでは、

発信者としては

少し弱いからです。


例えば、

昨日の例で言うと、

赤髪社長のターゲットのペルソナは

 

25歳で丸の内に勤めるOL

さくらちゃんです。


そして、

発信者のペルソナは、

さくらちゃんが憧れる、

仕事がバリバリできて、

おしゃれも遊びも一流の

赤髪社長です。


ここで

気をつけなければいけないのは、

発信者のペルソナ赤髪社長は、

実在の記事を書いている

〇〇子さんとは

少し違うということです。


赤髪社長は、

理想のキャリアウーマンですが、

〇〇子さんは、

赤髪社長に被る部分もあれば、

全く被らないダメダメな部分も

あるでしょう。


発信するときは、

その被る部分だけを表に出します。


そんなの、できない、、


と思うあなたは、

きっととてもいい方だと思います。


でも、

すこーし自尊心が低いですよね。


はい、冒頭の話に戻ります。


実は私も

自尊心は低めなんです。


だから、

なかなか

人に任せることができない。



もっと、

自分の良いところを見る練習を

私と一緒にしましょう。


今のお客様達は

あなたがいい、

と思って集まっているのです。


その事実を受け入れましょう。


あなたのいいところを

たくさん見つける練習を

してください。


私も一緒にしようと思います。


「あなたのお客様はなぜあなたを選んだでしょうか?」


いつも赤ちゃんのような心でいたい💗