· 

教室経営 チラシは撒きますか?

【チラシマーケティング】


今日は、

フェイスブックライブをしました。


毎週日曜日の

9時から、

長崎の女性専用整体院の

川口美佳子先生とやってます。


一人で自営業している方に

聞いてほしいです。


今日は、

今月撒くチラシの話をしました。


5月中、

私の教室では

体験会の案内チラシを

11000枚撒きます。


川口先生も

10000枚撒くそうで、

お互いの結果が楽しみです。


またライブで

結果報告したいと思います。


と、言いつつも、

大して結果を

期待はしていません。


今回は多めに撒きますが、


何よりも続けることが

マーケティング的にも

大切だと考えています。


さて、

マーケティングの話です。


チラシの役割は何でしょうか。


私は、

チラシには3つ役割があると

考えています。


まずは、

今回のような体験会の案内などだと、


「申し込み」


のためです。


それを見た人が、

電話なり、メールなりで

体験会に申し込んでくる。


こういう目的のときは、


電話番号を大きく書いたり、

今すぐ!と入れたり、


お客様がアクションしやすい

工夫をしてください。


次に、

教室を知ってもらうこと。宣伝。


「認知」


してもらうためですね。


覚えてもらいやすい写真や、

印象に残るコピーが

必要になります。


最後に、

オンラインの情報を

見てもらうきっかけ作り。


「誘導」


するためにも使います。


チラシには

必ず、

ホームページのアドレスや、

QRコードを入れましょう。


この3つを理解して

チラシを作ることで、

チラシの効果は全く変わってきます。


私の教室では、

あまりに反応がなかったので、


2年前まで23年の間、

チラシを配るのはやめていました。


でも、

2年前に

上の3つを意識したチラシを

作って配るようにしてから、


チラシからの

お客様が一定数

来るようになりました。


オフラインのメディアは

少ないですから、

ぜひチラシを活用してほしい

と思います。


明日は

チラシを撒く場所について

お話しします。


「あなたの教室を知らせる

オフラインのメディアはありますか?」


流行りを取り入れることも重要。