· 

教室経営 継続することの大切さ



 この6月で私の主宰するキッズブラウン江古田英語教室は、開業から10周年になります。

 

 

もともと友人が始めた教室を講師として手伝っていただけでした。ご主人の転勤で彼女が富山に行ったのを機に、運営を引き継ぎました。


初めの数年は200万円も行かない年商でしたが、おかげさまでここ5年くらい売上に関しては毎年更新できています。

 

 

ただ、売上も大事なのですが、それよりも私が大事にしているのは「継続すること」です。

 

 

開室から23年目は生徒数が10人を切ったこともあり、やめてしまおうかと悩んだことは一度ではありません。

 

 

それでもなんとか生徒さんを増やしてレッスンしてきました。10年は感慨深いです。

 

 

そして継続して感じることは、集客をただ続けるだけでトップに近づくことができるということです。

 

 

私の周りの英語教室の先生は3年くらいでやめてしまう方も多いです。


続けていても3年くらいすると、ある程度の数からもっと生徒数を増やそうってする人は意外と少ない。


5年間生徒数を10人単位で増やし続けている人ってあんまり聞きません。集客って続けるだけで勝てたりします。


 

私は中学、高校とバスケ部に入っていました。部活動で5年間の練習を積み重ねたけど、レギュラーとして試合に出たことはありません。大人数の部活ってなかなかレギュラーになれない。

 

これが大人になった途端3ヶ月とか、半年とか、1年くらいでレギュラーで出られると思う人がたくさんいますよね。

 

まずは5年くらい続ける覚悟を持って物事を始めていくことが大事ではないでしょうか。

 

 

既に取り組んでいること、これから始めようとしていること、それを諦めずに続ける覚悟が必要なんじゃないかなと思います。

 

 

4月は新しいスタートでもあります。少し時間を取って、考えてみるのも、たまにはいいかもしれませんね。


「あなたが諦めないことは何ですか?」

教材の良さにも助けられています😊