教室経営 3つの数字


【年度末です。いくら売り上げましたか?】


 

2020年度が今日で終わります。

今週末はイースターです。私はクリスチャンなので、イエスキリストが復活したこの時期は大好きです。


さてさて、56年前まで私は、とんでもないほど貧乏でした。

趣味のような英語教室を細々続けながら、他のパートもしていました。

1ヶ月の売上は、10万円にも満たないたった81000円です。

 

しかも、教室は看板もない冗談抜きで誰にも知られていない絶望的な場所にあります、、笑笑


当時の私の売上はこんな感じです。


いつも私がお話ししている


売上=「客数」×「単価」×「リピート」


の「3つの数字」で考えてみましょう。


当時の1か月の売上は、3つの数字で言うと

 

生徒数:18

単価:4,500

購入頻度(回数):1回(月謝制)


 

18×4,500×1=81,000 


1ヶ月の売上81,000円でした。


なぜこの方程式が大切なのかを考えてみましょう。


私はネットやチラシを使って、お客様を増やして、単価も上げました。何人かの生徒さんは月に2回来て来れるようにもなりました。


 生徒:30 

単価:11,000 

購入頻度(月謝制):1.2


半年後の売上は、

 

30×11,000×1.2=396,000

 

あっという間に30万円の壁を突破できたんです。


 

シンプルな絶対法則

 

売上=「客数」×「単価」×「リピート」

 

実は、それぞれの3つの数字が26% 上がったならば、それだけで売上は倍増するんですよ!簡単な算数です。

 

1×1×1=1

 

それぞれの数字が0.26だけ上がったら、、、

 

1.26×1.26×1.26=2



見た目のインパクトは小さいですが、少しずつ「3つの数字」を改善、強化することで、必ず成果が出始めます。

 

この年度末、あなたもご自分の3つの数字をチェックしてください。必ず気づきがあるはずです。


「今のお教室の3つの数字を言えますか?」

 

イースターです❣️