· 

教室経営 相談する人はいますか?

今日は春分の日。両親の54回目の結婚記念日です。

いまだに仲良く、嬉しい限りです。


さて、あなたには困ったときに相談できる人が何人いるでしょうか。


ぜひ複数人のメンターを持ってください。自分で自分を見ることはできません!

鏡に映る姿も左右対称です。


私が相談に乗っている、後藤真理子先生が感想を寄せてくださいました。


真理子先生は、一人でもやもやを抱えてぐるぐると同じところで立ち往生しているような状態から、少しずつ抜け出していらっしゃいます。


前進のヒントはどこにでもあります。





「サマンサ英子先生のコンサルティングセッションを受講して」  

 

2018年10月に英語教室を開校しました。


試行錯誤しながらレッスンや教室運営を続け、あっという間に2年半が過ぎました。


「2020年は本腰を入れて生徒募集を頑張ろう」と思っていた頃、新型コロナウイルスの影響で教室でのレッスンさえできない事態になりました。


そして以前ある方から紹介された英子先生の本を読み、英語教育や経営の分野でプロフェッショナルに活躍しておられる英子先生にコンサルティングをお願いしました。


セッションでは、「英語教室をしている目的を明確にし、そこからぶれないこと」の大切さを教えていただきました。


私の中にある様々な不安な気持ちを「なぜ?」と掘り下げ、どうしたら良いのか考えるきっかけをくださいました。


また、実際の生徒募集の方法や、お月謝の値上げ、レッスン内容について、今の教室の状況を聞きながら丁寧に進めてくださり、アドバイスも明確に示してくださいました。


これからは、私に足りない視点や改善ポイントを一つひとつをクリアにしていき、先生から教えていただいたことを前向きに実践していきたいと思います。

 

2021年2月15日 

 後藤真理子

 

 

真理子先生はお二人目を出産されたばかりです。